オリジナルナンパテク紹介してます

10年以上の経験から編み出した唯一無二なオリジナルナンパテクを紹介し販売しています。
ナンパ初心者の方に特におすすめの内容です。

紹介ページはこちら ▶

女子大生2人組を自宅に持ち帰ったハロウィンナイト

この記事を読むのにかかる時間: 1

ハロウィンの日、僕と友人はナンパしに渋谷に行っていた

だが、もともとパリピではない我々はちょっと乗りについていけないでいた

しかもみんな若いし

我々はover30

なのでおじさん居酒屋に逃げ込み、レモンサワーを飲んできを紛らわせた。

 

終電間際になり、帰ろうとフラフラ駅に向かうと

ハロウィン帰りの女が二人、何やらタクシー乗り場の前でうろうろしている

 

しろ「なにやってるの?」

女「電車なくなっちゃって、タクシー代高いからどうしようかなと」

 

遊び過ぎて終電逃したようだ

でもよーく見ると若くてアイドル風

年齢だけまずチェックして誘ってみるか

 

しろ「何歳?」

女「20歳」

しろ「うち、近所だから始発までいる?」

女「ちょっとまってね」

 

女二人相談し始めた

このあとカラオケいくとか、友達の家がどうだとかごちゃごちゃトークバトルをしたあげく、

結局うちに来ることになった

 

部屋に入り4人でお酒を飲みながらトーク

超お嬢様大学ということがわかった

しかもめちゃくちゃ育ちが良い

なによりそしてかわいい

 

僕は不意に部屋の電気を暗くした

それから2対2にわかれ、手を繋ぎ、キスをした

そしたら相方のカップルも始めたようだ

それを確認して僕らはキッチンに向かった

友人の見えるところでするのは嫌そうだったからだ

 

キッチンでFをさせ、トイレで合体

あとからわかったことだが、処女だったようだ

 

しばらく遊んだあと、友人の部屋に戻る

 

何事もなかったかのように4人で話し始め、始発で帰っていった

 

僕の担当の子とはそれから4ヶ月ほど毎週1回必ずうちに来るようになった

 

友人の担当の子はインスタをチェックしたら、地方のアイドルであった

 

こんな出会いも日常には潜んでいる

コメント

タイトルとURLをコピーしました