オリジナルナンパテク紹介してます

10年以上の経験から編み出した唯一無二なオリジナルナンパテクを紹介し販売しています。
ナンパ初心者の方に特におすすめの内容です。

紹介ページはこちら ▶

【前編】白石麻衣似の地方出身2人組を逆3声掛けからのコンビ飲み

この記事を読むのにかかる時間: 1

一切ナンパしない一般の男友達と近所の飲み屋街に飲みに行き

地元民しか入れないオーラを発しているヤバうまいやすい店に向かう。

ここはまず初見では入るのが怖い店。

地元のオジサンであふれかえる店。

そこに行く途中、

美女2人組とすれ違う。

 

女たち「とりあえず適当にどこいくか見ながらきめよー」

 

そんな会話をしているのを聞き逃さない。

店を決めてないようだ。

 

しろ「どこ行くか決めてないん?」

女たち「は、はい、そうなんです!」

しろ「俺らここを左に行った店に行くんだ。この街で一番うまい店」

女たち「そんなとこあるんですか!」

しろ「俺らは行くけど、どっちでもいいよ!もし来たければ一緒にのむか」

女たち「…(ひそひそ)」何やら相談してるようだ

しろ「(女を無視して普通に店に向かう。が、後ろからついてきてることを確認)」

女たち「一緒にいってもイイですか?」

しろ「全然いーよ。いっしょに飲むか」

 

こんな感じで連れ出し。

連れ出しというか、ついてきた。

 

この街はナンパ師なんていない街。

獅子や犬や梟のようなナンパ師がたくさんいる街ではない。

なので警戒心も薄い。

ナチュラルに声掛けできれば女性2人組などは出会いを喜んで受け入れる街。

その代わりガツガツ行ったらうまくいかない。

東急沿線とだけ言っておこう。

穴場なのである。

 

そして彼女らはむちゃくちゃ美人。

乃木坂46の白石麻衣に似ている。

でも偉そうではない。

明るくておもしろくて元気。

なぜなら、九州出身。

私の九州出身女性最強説がここでも証明された。

美女なのにそれを鼻にかけない。

有楽町のコリドー街にいるブスとは真逆。

奴らはブスなのに調子に乗るのが最強にうまい。

逆に尊敬するレベル。

今回の子は本当に性格がいい。

 

そして地元民人気の立ち飲み屋に入り、4人でトーク。

今回は男友達がナンパとか即とか一切しない一般の方なので今日は楽しく飲むことに徹する。

たまにはこんな日があってもよい。

二軒目も私の行きつけ居酒屋にいき、女性たちは大喜び。

三軒目まで飲んで深夜に解散。

 

また遊ぶことは確実。

食いつきが半端ない。

準即するかもしれないし、しないかもしれない。

もしかしたら一生の友人になるかもしれない。

そんな出会いを生み出すことができた最高の夜だった。

後編へつづく、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました